PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

群馬の名湯、法師温泉。

11月になりました。
今年は秋の気候がへんてこりんで、暑かったり寒かったり…。でも自然はちゃんと季節を刻んでいるようで、上州もなんとか錦秋の美しい季節を迎えました。

この時期、昨年は四万の積善館さんに行きました。
今年は、群馬に来てからず~っと行きたかった法師温泉長寿館さんへ。
うちからでも2時間ほどで行ける場所なので、立ち寄り湯であれば日帰りでいくらでもいけるのですが、ここには絶対に泊りたかった。泊らないと、ほとんど意味がないと思います。
なんといっても、「日本秘湯を守る会」の第一号温泉宿。昔ながらの湯宿のよさを堪能しない手はありません。

こちらが玄関のたたずまい。
housi1.jpg


「国登録有形文化財」の建物です。
古い宿場などではまだまだ普通に見かけそうな古い宿屋さんの風情なのですが…。ここが法師川の上流、どん詰まりの山奥の地なので、よくぞこのまま残ってくれた! という感じです。

法師乃湯、外観。
houshinoyu.jpg


この苔むした屋根、なんという風情。
鹿鳴館風の作りの湯処。四万の積善館のお風呂とも雰囲気は似ています。ちなみに混浴風呂です。ワタクシは何事にも躊躇しないたちなので、夕方に混浴時間に入らせていただきました。
あまり混んでいて殿方ばかりだとさすがに憚られますが、空いていれば何の問題もなし。。
(夜20時~22時は女性専用になります)

長寿館には、このほかに女性専用の小浴場「長寿の湯」、入れ替え制の中浴場(+露天風呂)「玉城の湯」があります。
個人的には、法師の湯>長寿の湯>玉城の湯 の満足度でした。

足元からお湯がポコポコと沸いてくるのがこのお湯の特徴。
温度はぎりぎり40度くらいでしょうか。普段は熱めのお湯が好きな私ですが、こういうお湯にひたすらまったりと漬かるのも、また格別。


長寿館の客室は旧館、別館、法隆殿、薫山荘の3つがあり、それぞれに良さがあるようです。
今回の宿泊は、旧館と渡り廊下でつながった法隆殿にしました。


客室(法隆殿)からの紅葉。
houryu.jpg


平成元年の建築ということですが、雰囲気は良いです。
別館が見降ろせます。

*木造の建物のため、この季節、カメムシが侵入します。こればかりは仕方ない。。私はこういうことにも頓着しないので、部屋にあったガムテープでせっせと捕獲いたしました。無駄な殺生は嫌なのですが、やはりちょっと気になるので。。でも、ガムテープがあればなんてことはありません。

正直なところ、食事はほどほどにしか期待していなかったのですが、大変おいしかったです。
秋を感じさせる栗をあしらったものや、上州牛の陶板焼きなど、本当に大満足。特に感心したのが、お造りです。山家の土地でお造りは必要ないと常々思っていたのですが、鯉のあらいやマス、イトウのお刺身など、内陸ならではなのですが、どれも本当においしかったです。くみ上げの湯葉も大変おいしゅうございました。
絶品は上州牛ヒレの鉄板焼きですかね。

季節がら、本当ならキノコ類が並ぶと思うのですが(なんといっても群馬はきのこ王国ですから)、このご時勢ですからキノコはなし。本当に残念なことです。
朝食も大変おいしくいただきました。お値段相応という感じです。



tamagi.jpg

housi2.jpg

housi3.jpg


なんとも贅沢な時間を過ごさせていただきました。
次は新緑の季節にでもお邪魔したいものです。

| 群馬お湯めぐり | 18:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nekonohunamori.blog80.fc2.com/tb.php/744-bf0b26c2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。