FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鹿塩温泉 湯元山塩館

(備忘録)

南信州、大鹿村での宿泊は、鹿塩温泉山塩館。
山塩の名の通り塩辛温泉です。海水と同じ塩分濃度なのだとか。
舐めてみると確かに塩辛い。
温泉的に言うと、ナトリウムー塩化物強塩冷鉱泉(弱アルカリ性高張性冷鉱泉)となります。
冷鉱泉ということは、源泉温度は25度以下ということです。これを、ちょうどよい塩梅に加温しています。

お風呂は内湯2か所。岩風呂と檜風呂で、これは日替わりで男女入れ替えです。
岩風呂のほうに、源泉そのままの小さな檜風呂が併設されています。
これ、はいってみるとかなり面白い。

湯上り直後は少しベタッとする感じがあるのですが、汗がひいてしまうとサラサラになります。かなり気持ち良い湯上り感。

お食事は大鹿村の畑で育った実りと鹿のカルパッチョや鯉こくなど、信州の山家らしいおもてなしでした。

近くに川が流れているので、夜はせせらぎ(というよりもうちょっと激しい音ですが…)をBGMに爆睡です(笑) 静かで本当に良い宿でした。

それにしても、大鹿村はすごいところでした。
何しろ、「信州で2番目に山奥の村」ですから…。

山塩館のお夕食。
yamashio.jpg


ぜひもう一度泊ってみたいお宿です。

| 旅の記録 | 21:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nekonohunamori.blog80.fc2.com/tb.php/739-5367fab1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。