PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Love Never Diesを聴いた。

"Love Never Dies" 「オペラ座の怪人」の続編である。
日ごろそう真面目にミュージカル情報などチェックしていないので、こういうものが作られたのをつい最近知った。

ストーリーがまたひどい(苦笑)
ただ、私はロイド=ウェバー卿の才能を尊敬しているので、とりあえず聴いてみなければ…ということで、CDで聴いてみた。

舞台をみないでCDだけで判断するのは難しいのだけど、「なんか、普通のミュージカルだなぁ」という感想。
音楽はロイド=ウェバー卿らしく、難解な曲が多い。メロディアスな曲が多いが、キャッチーなものがない。

ストーリーがアレなので、個人的には最初からもう全然ファントムの続編などとは思えない。
だって、こんな話が本当(?)なら、「オペラ座の怪人」の最初のオークションの場面につながらないじゃないか!

などと不平不満一杯に聴いていたのだが、しつこく何度か聴いてみると、「まぁ、いいかも」と思えてきたから不思議だ。
そもそも、「オペラ座の怪人」ファンは、ファントム・ラブであったりする。
ファントムの醜さがリアルでなかったり、演じている役者さんがかっこいいので、そんな風になってしまうのだ。
私など、初めて見た時は「クリスティーヌは、なんだかんだ言ってファントムのところに戻るんじゃないか。。」と妄想を逞しくしていたりした。

そういう密やかなファンの妄想を見透かされて、Love Never Dies は誕生したのかもしれない。
でも、できあがったものはやっぱりファントムじゃない!
登場人物のキャラ設定をいじっていまったのも致命的だと思う。ラウル子爵はなんでこんなに荒んだのよ? ジリー親子もなんだかな、な感じ。ファントム(この作品ではMr.Y)がいい人になってるのは良いが(笑)

そして何より違和感があるのが、歌詞。。
ファントムとクリスティーヌが「一夜」を共に歌うBeneath a Moonless Skyなんて、もう少し書きようがなかったのか? というくらい、聴いているこっちがこっぱずかしくなってくる直球の詩だ。

ロイド=ウェバー卿のミュージカルは、使われる言葉もとても大切にしてきた作品だと思ってきた。それなのに、この作品では、全体的に言葉が陳腐な印象で、それがまた陳腐なストーリーを救いようのないものにしてしまっている。それでもなんとか「まぁ、ありなんではないか」と思えるのは、音楽の良さと役者さんの歌唱力に負うところが多い。

評価のほどはどうなんだろうか?
現在、オーストラリアに進出しているようだけど、ブロードウェイにも行くのかね??
これは、残念ながら(なのかどうがよくわからないが)、劇団四季はやらないと思う。
ブロードウェイでものすごく成功すれば別だけれど、四季が版権を買って上演するには、あまりにリスキーな作品だ。

【追記】
さらにもう一度聴いてみた。やはり音楽はすごい。
「オペラ座の怪人」とは関係ないミュージカルだったら、普通にヒットしそう。。
ただ、映画の演出が、この”LoveNeverDies”につながっているのは、よく分かった。特にマダム・ジリーの立ち位置ですね。映画版をみた時に非常に違和感があった(子供時代の)マダム・ジリーとファントムの出会いの部分は、この”LoveNeverDies”のためにあえて挿入されたエピソードだと思われます。
ロイド=ウェバー卿は周到にこの「続編」を準備してきたことになる。

とはいえ、やっぱりなんだかなぁ…。
ファントム(Mr.Y)が、「この少年は10歳。。10歳? まさか自分の子供!」って喜んでるのを聴くと、もうこれは私のファントムじゃない!(って、別に私のファントムであったことなんかそもそもないのですが。。)
しかも、「クリスティーヌと自分の間には息子がいる。絆は絶対だ!」というラウル子爵に対して、「本当にそうかな? あの子は君より私に似ていないかね?」なんて勝ち誇ってしまうあたりなんか、もう、どっちも私の知ってる二人じゃないです。
さらには、「私をまだ愛してくれているなら、帰ろう、今すぐに」とクリスティーヌに懇願する子爵の姿。。「君のためなら命も惜しくはない!」ってかっこよかった子爵はどこに??

登場人物の名前を全部変えて、違う作品として作りなおして欲しい。。

| 日々徒然 | 16:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nekonohunamori.blog80.fc2.com/tb.php/735-842a89c9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。