PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

信州の蕎麦はすごい。

ワタクシは蕎麦が好きです。
ですが、なかなか我儘なたちなようで、「おいしい!」と思える蕎麦に、実はあまり出会ったことがありません。

私がはじめて、まともに蕎麦を味わったのは、錦糸町にあった「十和田」というお店です。
「十和田」は言わずと知れた浅草の名店です。その分店(というのか支店というのかよくわかりませんが、)が、私の蕎麦デビュー。こういうところがデビューだったので、私の中で、蕎麦というのは江戸的な「粋」とは絶対に分かてないものになっています。

とはいえ、江戸っ子ではないので「粋」なんて全然分かりません。
勝手な解釈で私なりにしっくりきているのは、「妥協を許さない、美味しい蕎麦の追及」と「そのための丁寧な仕事」ということです。
蕎麦は職人の技を愉しむものと思ってます。見た目がシンプルであっても、凝りに凝っていたりするのが蕎麦の面白さ。うどんとは違って、私は蕎麦は多少高くても、コンセプトが貫かれていれば全然OKだと思ってます。蕎麦は奢った食べ物であってよい、というわけです。

前置きが長くなりましたが、ものすごく奢った蕎麦に、長野県の諏訪大社の近くで出会いました。
というお店です。

写真を獲っていないのですが、こちらの蕎麦はすごいです。
私の蕎麦感が少し変わりました。
メニューはもりそば(1500円)のみ。
もりで1500円というと、さすがに私でもちょっと高いのでは? と思ったのですが、こちらのお蕎麦は1500円の価値があると思います。量ももちろん信州サイズで多いのですが…

自分の好みではけしてないのに、食べているうちに妙に納得させられてしまいました。
全体的に非常によく考えられているし、それがちゃんと伝わってきました。
ぜひぜひまた食べたいお蕎麦です。
信州方面に行く時は、必ず立ち寄りたいお店となりました。

こちらで十分満足したにも関わらず、またしてもハシゴしてしまいました。
二軒目は、高遠蕎麦のますやさん。
高遠というと桜で有名ですが、今は桜には程遠い時期なので蕎麦屋も空いてるだろう。。と想像していたのですが、混んでました。やはり有名店らしい。

焼き味噌と辛み大根おろしの辛つゆでいただく高遠蕎麦。
takatou.jpg


こちらのお蕎麦も非常においしかったです。
一軒目がなければ、もっと美味しく感じたことでしょう。
食べすぎです(爆)

こういうお蕎麦屋さんがあるだけで、なんだかビバ信州! な気分です。

| 旅の記録 | 15:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nekonohunamori.blog80.fc2.com/tb.php/724-aa4065a0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。